茨城県産野菜の特徴と魅力 旬の茨城野菜を宅配・通販でお取り寄せ

”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。



全国3,000軒を超える農家・漁師から新鮮食材をお取り寄せする

茨城県産の代表的な野菜、旬の野菜 その特徴と魅力
常陸大黒、カリフラワー、白菜、れんこん、ほしいも、小松菜、ピーマン、エシャレット、みず菜、ピーマン、チンゲンサイ、レタス、トマト、かぼちゃなど、たくさんの果物が生産されている茨城県、食べてみたいな!茨城県産の美味しい旬の野菜

埴輪くん
埴輪くん

ねえねえにんじんさん、茨城県ってどんな野菜が作られているの?

にんじんさん
にんじんさん

茨城県は野菜王国とも言われいて、白菜やレンコン、レタスにトマト、そのほかにもたくさんの野菜が作られているから、一緒に調べてみようね!

こちらでは、茨城県産の野菜の種類や特徴、そしてそれらを味わえる場所やお店、宅配・通販でお取り寄せ出来る旬の野菜をご紹介します。

温和な気候と広大で平坦な大地、豊かな自然に恵まれた茨城県。
『常陸国風土記』の時代には、常陸国(現在の茨城県)は、「土地が広く、海山の産物も多く、人々は豊かに暮らし、まるで常世の国(極楽)のようだ」と評されていました。
そして現代においても、農業は地域の基幹産業として重要な地位を占めています。

茨城県は、北海道に次ぐ耕地面積を有した野菜王国。
水と緑豊かな茨城の大地ではぐくまれた、豊かな食材の宝庫です。

出典 いばらき農業アカデミー公式サイト 茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

冬が旬の野菜 白菜! 茨城県産の美味しい白菜の特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

清水三治(@mitsuji.shimizu)がシェアした投稿

mitsuji.shimizu
.
#農業向上委員会
【製品名(商品名)】
#菜黄味(なおみ)
【種類】
Brassica rapa L. var. pekinensis Rupr.
【生産地】
#茨城県筑西市#桜川市#結城市
#茨城県産白菜
茨城県は白菜の生産量が全国第1位の大産地です。県西地区を中心に栽培されており、主に冬から春にかけて生産されています。

出典 Instagram

冬の食卓を支える大産地

県西地区を中心に栽培されており、主に冬から春にかけて生産されています。特に、冬場の白菜の生産量は圧倒的に多く、11月から1月にかけての東京都中央卸売市場への出荷量のシェアは9割近くにもなります。

特長

寒さや暑さとの格闘の先にある美味

日本一のはくさいの生産量を誇る茨城県。特に県西部は、平地が多く、肥沃で、日本有数のはくさいの産地として知られています。
JAグループの秋冬はくさいのオリジナル品種「菜黄味(なおみ)」は、柔らかく、芯の部分が黄色くて甘いのが特長です。
秋冬はくさいは、播種後2ヶ月目生育させてから収穫をはじめ、3月ごろまで続きます。8月中に栽培が始まるため、生産者たちは暑さと闘いながら、作業に励みます。
また、春はくさいは、11月〜12月の寒い時期に定植し、3月〜5月に収穫します。春はくさいはみずみずしく、秋冬はくさいに比べて柔らかさが増すため、サラダなどの生食にもおすすめです。

出典 茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

白菜のこと、もっと知りたい!

白菜は鍋料理や漬け物に欠かせない野菜です。水分が多くて歯ざわりも良く、クセがなくてヘルシー。煮込むと甘味が出てとろけるようなやわらかさになり、漬け物にするとほどよい食感を残したまま味がよくしみこみます。

また白菜は低カロリーなので一度にたくさん食べられるのも魅力です。ほとんどが水分で、100gあたり13~14キロカロリーしかありません。栄養価も適度にあるのでダイエット中の人にもおすすめです。

ハクサイの歴史

白菜はキャベツと同じアブラナ科の野菜です。原種は地中海沿岸が原産地とされていますが、白菜として発達したのは中国北部で、7世紀頃に最初の白菜の形が誕生したと考えられています。最初は丸くならない不結球型で、16~18世紀頃に結球するようになったといわれています。

日本に白菜が渡来したのは江戸時代末期で、本格的に栽培が行われるようになったのは日清・日露戦争後といわれています。しかし当初は結球させるのが難しく、試行錯誤したようです。その後、宮城県や愛知県、石川県で結球性の高い品種の育成に成功したことで、大正時代から昭和初期にかけて一気に全国に普及しました。

ハクサイの種類(品種)

円筒型

2〜4kgほどの一般的な大型の白菜。葉が結球した円筒形(包被型)で、外葉が緑色、中は黄緑〜黄色がかっています。水分が豊富で甘味があり、加熱するとまろやかな食感になります。

砲弾型

円筒型の白菜に似ていますが、葉の上部があまり重ならない抱合型で、少しとがった形をしているのが特徴。サイズは2〜4kg程度で、どっしりとした形をしています。

長円筒型

縦長の円筒形で細長い形をしています。長さは40〜50cmほどで、その見た目から「タケノコ白菜」とも呼ばれます。重さは2〜3kgくらいで大きなものは5〜6kgになるものも。葉はややかためで甘味があり、煮崩れしにくいので炒め物や鍋物に最適です。

ミニ白菜

重さ1kg前後の小型白菜。一度に使い切れるサイズで扱いやすいことから需要が高まっています。味や食感は普通の白菜と変わらず、鍋物や炒め物、漬け物などに利用できます。品種には「娃々菜(わわさい)」や「タイニーシュシュ」「お黄にいり」などがあります。

オレンジ白菜

外葉は緑色ですが、中の葉がオレンジ色をしているのが特徴です。「オレンジクイン(オレンジクイーン)」という品種は白菜とヨーロッパ産のカブを交配したもので、甘味が強く、漬け物や炒め物はもちろん、生のままサラダにしてもおいしく食べられます。

山東菜(さんとうな)

白菜の一種で「さんとうな」または「さんとうさい」と呼ばれます。葉先が開いた半結球の形をしていて、サイズが3〜6kgと白菜よりも大きくなるのが特徴。葉は肉厚でやわらかく、漬け物に使われることが多いですが、白菜と同じように調理することも可能です。また、小さいうちに収穫されるものは「べか菜」とも呼ばれ、こちらは使い切りサイズとしてお浸しや炒め物などに適しています。

紫白菜

葉が紫色をした白菜で、サイズは1.5~2kgくらいとやや小ぶり。葉がやわらかくサラダや浅漬け、炒め物などにおすすめです。赤紫色はアントシアニンによるもので、ゆですぎると少し色が落ちます。品種としては「紫奏子(むらさきそうし)」があります。

出典 野菜ナビ公式サイト

秋から冬が旬の野菜 れんこん! 茨城県産の美味しいれんこんの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

EMI(@emio831)がシェアした投稿

emio831
【茨城県産れんこん】
今日は蓮根を使った料理を🍳🔪🎽
茨城県産の生蓮根を使って
フライときんぴらを❤️
甘味があってシャキシャキな食感
とってもおいしいです😌❤️
フライの油が余ったのと
人参🥕があったから
天麩羅にしようか ということで🤗
れんこんフライはソースと一緒に🎵
本当にめちゃくちゃおいしいです😆
今夜は寒いから#いいちこ の
お湯割りで💓♥️❤️
#れんこん#茨城県産れんこん#甘味が強い#シャキシャキで#おいしいです#れんこんフライ#れんこん金平#厚揚げのピリ辛煮#茨城県

出典 Instagram

日本一のれんこん産地

豊富な水と低湿地帯に恵まれた霞ヶ浦周辺。日本一のれんこん産地として、40年以上も栽培を続けています。
近年は大型ハウスの普及や品種の改良が進み、1年を通して品質の高いれんこんを栽培できる体制が整いました。収穫には、れんこんを傷つけないよう水圧でまわりの土を落とし、れんこんを浮かび上がらせる「水掘り」を採用。
茨城のれんこんの魅力は、ぷっくりとした団子状で柔らかな肉質、ほんのりとした甘味です。肌がきめ細かく、美しく白いのも特長です。

拘り

いばらきれんこん広域銘柄化推進協議会

県関係機関、市町村、全農茨城県本部、農協等のれんこん生産者組織の代表者で構成される、いばらきれんこん広域銘柄化推進協議会。
れんこん広域銘柄産地の指定と、霞ヶ浦沿岸のれんこんの一元的な計画出荷・販売の推進を目的としています。また、生産者団体・ホテル・旅館・飲食店・関係団体・行政が一体となって、”地産地消”の観点からも地元でのれんこん消費拡大をサポート。れんこん料理フェアを始め、多くのイベントやPR活動を通し、産地のさらなる発展を目指します。

出典 茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

茨城県産の美味しい野菜が食べられるお店

銀座たんめん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saix(@saix_ksmb)がシェアした投稿

saix_ksmb
「本日の白菜は茨城県結城市産“菜黄味(なおみ)”です」
白菜と豚の旨味の活きたスープ、パツっとした中細麺、薄く全体を覆う油膜で食べ終わるまで熱々ウマウマな一杯でした。
#銀座 #東銀座
#銀座たんめん
#たんめん #tanmen
#ラーメン #ramen
#茨城県結城市
#菜黄味 #白菜
#麺スタグラム
#やっぱり麺が好き

出典 Instagram

住所:東京都中央区銀座4-14-3 銀座斉藤ビル 1F
お問い合わせ:

口コミ

ちょっとだけお久しぶり。
11時半に行くともうすでに開店してました。

券売機で注文はいつものようにたんめん。
食券を渡してから、白菜多めにしてもらった。

5分ほどで”激熱”のタンメン到着。
今日の白菜は茨城の”黄芯白菜”
冬にしかなくて甘くて栄養価も高い。
めっちゃ美味いけど熱くて、アツくて・・・

白菜を食べるのに時間がかかってしまいましたが、
下の麺は伸びることなく健在でした。
スープもほのかな塩味で美味いし・・・

いくら食べても罪悪感のかけらもないタンメンでした。

出典 食べログ

タイトルとURLをコピーしました